会議室

会議を開始するまでに必要な機能から便利な機能までご紹介します。

会議室 機能

会議室リスト画面

ログイン後に表示されるページです。会議室リスト画面には、作成されたWeb会議室の一覧と、入室する前にご利用いただける機能の各メニューが表示されます。
専用会議室/共有会議室の切換え、Web会議室の作成変更削除、ユーザー情報より登録情報の確認変更、ID/PW(パスワード)変更、入室履歴などを行うことができます。
※Android/iOS版でも、Web会議室の作成をはじめ、多くのの機能がご利用いただけます。

専用会議室

専用会議室は、ご契約いただいた企業様専用でご利用いただけるスペースです。ログイン後に表示される会議室リストは専用会議室が表示されます。
Web会議室毎にPW(パスワード)設定ができますので、IDを社内で共有されていても、入室用のPWを知っている社員しか入室できないWeb会議室を設定するなど、社内でもセキュリティレベルの高い運用が可能です。

ページトップ

共有会議室

共有会議室はMORA Video Conference ASPモデルを利用されているお客様はどなたでも共有でご利用いただけるエリアです。例えば、関連企業様で別々にご契約され、通常はそれぞれでWeb会議(テレビ会議)を利用、企業様間で打合せされる時に共有会議室をお使いいただくといった運用ができます。
また、音声トラブルなどWeb会議(テレビ会議)に不具合が起こった場合に、お客様と当社サポートスタッフが共有会議室に入室、調整などのお手伝いをさせていただく、遠隔サポートでも使用します。
※一部のオプション機能を追加した場合、共有会議室が使用できなくなります。

会議室作成機能

MORA Video Conferenceでは、ご契約ID数に関わらず、会議室を複数、無制限に作成いただくことができます。もちろん、複数の会議を同時に開催することも可能です。
このため、Web会議室が使用中でほかの会議が行えないということがありません。標準では、ご契約のID数を上限として、1つのWeb会議室に20拠点(パソコン)まで入室できます。例えば、10IDご契約いただいている場合、10拠点接続する1つの会議を行うことも、2IDで5つの別な会議を同時に行うこともできます。
※1つのWeb会議室で20拠点以上入室されたい場合はオプションの「セミナーモード(多人数モード)」にてご利用いただけます。

ページトップ

会議招集メール配信

会議のお知らせをメールで配信できます。メール文中のURLをクリックするだけで会議室に入室できるので、不慣れな方でも安心です。

招待機能

Web会議室を作成変更する際に設定できる機能で、Web会議室へダイレクトに入室できるURLを発行することができます。
このURLを利用者へ知らせることにより、ID/PW(パスワード)を知らせることなく、Web会議(テレビ会議)への参加が可能となります。利用時間の制限も可能で、ワンタイムパスワードを発行するようなイメージで運用することができます。

ハードウエア連携機能

ハード型のテレビ会議端末よりMORA Video ConferenceのWeb会議室へ参加できます。
MORA Video Conferenceよりハードウェア連携キーを発行し、テレビ会議端末側で入力することでMORA Video Conference会議室へ入室します。
※詳細はお問合せください。

Web会議(テレビ会議)のダウンロードはこちらから。
1週間無料トライアル用の必要機材もお貸出しておりますので、お気軽にお問合せください!

お急ぎ方はお電話はこちらから 0120-600-663 (受付時間:平日9:30~18:00)