サーバー導入モデルとは

お客様が管理する設備(オンプレミス)での運用

社内のクローズドのネットワーク内や、お客様が管理されるデータセンターなどにお客様専用のMORA Video Conference サーバーを設置することができます。

標準機能が充実

サーバー導入(オンプレミス)モデルでは、APS(クラウド)モデルではオプションとなる「管理者用画面(AdminTool)」「アプリケーション共有・デスクトップ共有」「多人数モード(セミナーモード)」「スケジュール機能」「HD画質機能」「プレゼンス機能」が搭載されています。AdminToolでは、ASPのオプションであっても搭載できない、帯域制御、画質の上限設定が搭載されています。

アプリケーション共有、デスクトップ共有機能

セミナーモード
(多人数モード)

スケジュール機能

管理者ツール
(Admin Tool)

カスタマイズできます

サーバー導入(オンプレミス)モデルは、別途有償にて表示する画像まわりの変更や機能を追加することも可能です。例えばMORA Video Conferenceを利用してe-ラーニングのサービスを運用されているお客様であれば、ロゴの変更やお客様のサービスに合わせて必要な機能だけ見えるようご変更いただくこともできますし、機能や管理画面を変更するなど大規模なカスタマイズにも対応いたしております。

サーバー導入モデルを選択するポイントは?

サーバー導入(オンプレミス)モデルを選択するポイントとして、ASP(クラウド)モデルではできないことをする場合、という点があげられます。

  • インターネットへ接続できないなど、クローズドのネットワーク内でのご利用をご希望の場合
  • サービスロゴ変更など、カスタマイズをご希望の場合
  • 帯域制御機能導入の優先順位が高い場合

ASP(クラウド)モデルでもオプションにて対応可能な機能が多く、Web会議(テレビ会議)サーバーを自社で管理・運用する必要がないため、ご利用中のほとんどのお客様はASP(クラウド)モデルをご利用いただいております。
現在、イメージされているご利用方法をお聞かせください。お客様の環境に合わせたご提案をいたします。

Web会議(テレビ会議)のダウンロードはこちらから。
1週間無料トライアル用の必要機材もお貸出しておりますので、お気軽にお問合せください!

お急ぎ方はお電話はこちらから 0120-600-663 (受付時間:平日9:30~18:00)