What's new

【リリース】Web会議「MORA Video Conference」iOS版をバージョンアップ、最大20拠点の画面表示で、PC並の臨場感を実現

2013年07月02日

 テレコム事業を中心とする情報通信サービス事業を展開するアイ・ティー・エックス株式会社(東京都港区、代表取締役社長:荻原 正也)は、2013年7月3日より、Web会議サービス「MORA Video Conference(モーラビデオカンファレンス)」iOS版のバージョンアップを行います。これにより、iPad/iPhoneの画面上で最大20拠点の接続画面表示、及び、音声も全拠点双方向が可能となり、PCからの接続に近い臨場感のある遠隔会議を実現しました。
 従来、画面に表示できる拠点数は、自己画面を含め最大3画面でしたが、今回のバージョンアップに伴い、画面表示数を大幅に増やし、iPad/iPhoneから接続した場合でもパソコンでの接続時と同様の最大20拠点の画面表示数を実装します。画面表示数は、従来の2画面から19画面から選択することができ、表示する拠点の映像を選択することも可能です。それぞれの映像はピンチイン・ピンチアウトでのサイズ調整を行うことが出来るため、より臨場感のあるコミュニケーションを実現します。
iOS版はPC版のクライアントライセンスをそのまま利用できるため、新たに費用がかかることはありません。iOSを含め、対応するすべてのデバイスから利用することが可能です。

スマートデバイスの活用が進む中、iPad/iPhoneを活用し多拠点を接続するユーザー様のニーズにも幅広く対応するとともに、さらなる利用場面の拡大、活用の推進が期待されます。

その他にも、今回のバージョンアップでは使いやすさ・品質の向上を追及し、ユーザー様からご要望の多い機能を新たに追加搭載いたします。

■主なバージョンアップ内容
①通常会議室での接続画面表示数を最大20画面まで対応
表示する相手画面数は1~19まで選択が可能。画面の数に関わらず、音声は常時全拠点双方向

②相手画面を選択する操作を軽減
 ポップアップするリストから指先で選択、入れ替えできる機能を搭載

③ダブルタップでの相手画面の拡大、縮小表示及びピンチイン・ピンチアウトでのサイズ調整機能

■オフィスサービス EXPO 2013にてお披露目致します
?2013年7月10日より東京ビッグサイトで開催される「オフィスサービス EXPO 2013」に、Web会議サービス「MORA Video Conference」を出展します。
小間番号:2-81 「クロスブリッジブース内」にてバージョンアップしたWeb会議サービス「MORA Video Conference」iPadの最大20拠点の画面表示をご覧いただけます。

■バージョンアップを記念して体験ミニセミナーを開催します
2013年7月24日15:00より新橋の当社オフィスにて「MORA Video Conference iPad20画面体験ミニセミナー」を行います。詳細は当社Webサイトをご覧ください。