What's new

【リリース】6月22日バージョンアップ!映像150拠点を並べて会議

2017年05月22日

2017年6月22日に、Web会議「MORA Video Conference」のバージョンアップを行います。

この度、Web会議機能バージョンアップを行いますのでお知らせします。

今回の新バージョンでは、一つのWeb会議室に参加可能な人数(拠点数)を
これまでの20拠点から最大150拠点に大幅に拡張しました。社長説示や研修、
授業など、常時、参加者全員の映像を見ながら使用することができるよう
になり、活用の幅が広がります。

※こちらのバージョンアップ作業の際、一時的にシステムが停止となります
ので、何卒ご了承ください。

▼▼プレスリリース▼▼

http://www.web-kaigi.com/event/release20170522.pdf
[目次]────────────────────────[目次]

【1】バージョンアップに伴うシステム停止について
【2】主なバージョンアップ内容
【3】動作環境の変更[重要]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】バージョンアップに伴うシステム停止について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■バージョンアップに伴うシステム停止

2016年6月22日(木) 午前0時頃~午前6時頃 ※6月21日(水)の深夜24時
※この時間は、サービスがご利用出来ませんのでご注意ください。
■アップデート方法

6月22日(木)午前6時以降、ログインして会議室に入室していただきますと、
自動的にダウンロードし、バージョンアップが行われます。

※現在のご利用中のユーザーID、および、パスワードは、そのままお使い
いただけます。
※バージョンアップ後、本番でご利用前に念のため問題なく入室できるか
お試しください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】主なバージョンアップ内容
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■サービス名

MORA Video Conference Ver.14.0 日本語版、英語版、中国語版

■提供開始

2016年6月22日(木)

■主なバージョンアップ内容

1.大型会議室の追加
最大20人まで参加可能であった従来の会議室に加え、30人から最大150人
まで同時に参加可能な大型会議室を追加します。
大型会議室では、最大5人まで同時に発言することが可能です。

新バージョン(標準)   :映像表示150拠点まで
従来通常会議(標準)   :映像表示20拠点表示まで
多人数モード(オプション):映像表示5拠点、接続できる拠点数は無制限

2.ハード型テレビ会議連携の改良
MORA Video Conferenceの会議室に入室している参加者から、他社製
ハード型テレビ会議端末の呼び出しができるようになります。
テレビ会議端末側で、相手映像を4人まで表示することが可能になります。
ハード型テレビ会議端末の音質が改善されます。
ハード型テレビ会議端末が多人数モード会議室に入室可能になります。
※多人数モード会議室はオプション機能です。

3.音声デバイス操作連携機能の追加
一部のYAMAHA製マイクデバイスとMORA Video ConferenceのマイクON/OFF
を連動することができるようになります。
※対応する機種とファームウェアのバージョンは以下の通りです。
ファームウェアは2017年6月以降にYAMAHA社からリリース予定です。
YVC-1000(Ver.2.10以降)
YVC-300(Ver.1.09以降)

4.エコーキャンセラ初期設定変更
新たにMORA Video Conferenceをご利用になるPCで、YAMAHA製マイクデバ
イス以外を接続している場合は、エコーキャンセラの初期設定がONに変更
されます。
これにより、新たにMORA Video Conferenceをご利用になる際の音声設定が
簡単になります。
※既にMORA Video Conferenceをご利用いただいているPCでは変更はござい
ません。

5.アプリケーション共有機能(オプション)の改良
アプリケーション共有を行っている議長やデスクトップ共有を要求された
参加者の画面で、共有しているアプリケーションやデスクトップの範囲を
わかりやすく色つきの枠で表示することができるようになります。
※アプリケーション共有機能はオプション機能です。

6.スマートフォン・タブレット対応の改良
スマートフォン・タブレットでアンケート機能が利用可能になります。
※スマートフォン・タブレットMORA Video Conferenceアプリは、バージョ
ンアップ後のリリースの予定です。

7.AdminTool機能(オプション)の改良
AdminToolからもPaperlessキーが発行できるようになります。
※AdminTool機能はオプション機能です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】動作環境の変更[重要]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.対応OSの変更
マイクロソフト社の製品サポートの終了に伴い、バージョンアップ後の
対応OSを以下の通りとさせていただきます。

・Windows 7 SP1以降
・Windows 8.1
・Windows 10

2.WindowsXPでのご利用について
WindowsXPは、MORA Video Conference Ver.12.0で対応を終了した後も
一部入室することができておりましたが、その次のバージョン(Ver.15)
では、入室ができなくなる予定です。あらかじめご了承ください。

ご不明点などございましたら、お気軽にご連絡ください。