Basic

2015.05.29

遠隔会議ってどんなもの?

遠隔会議とは、国内外の離れた拠点どうしをパソコンやスマートデバイス、専用ハードウェアをインターネットなどのネットワークを介し、音声や映像でコミュニケーションできる仕組みの総称です。SkypeやFaceTimeを利用する個人が増加、企業においても、安全対策のある遠隔会議の導入が加速しています。

B遠隔会議からビジュアルコミュニケーションへ

Web会議、テレビ会議、ビデオ会議、ネット会議、電話会議、音声会議、ビデオカンファレンス、テレビカンファレンス、テレビ電話など遠隔会議ツールは様々な名称で呼ばれており、企業では、国内外の支社支店間の会議や研修などに使用され、人員の移動コストや時間削減に活用されています。

しかし、近年、「会議」だけに限らず、さまざまなシーンでの有効活用が目立つようになっており、ビジュアルコミュニケーションツールとも呼ばれています。

 

Bコスト削減だけでないビジュアルコミュニケーションツール

オフィス内利用と合わせて、外出先のスマートデバイスから会議に参加したり、現場の様子を遠隔地へ中継したり、専門分野での利用、BCP(事業継続計画)対策、有料のサービスの運用など、スマートデバイスの躍進により活用シーンが広がり、コスト削減ツールだったビジュアルコミュニケーションツールは、業務に欠かせないインフラ的位置づけとなり、事業の収益源となっています。

 

・コスト削減だけでないWeb会議(テレビ会議)の活用方法
http://www.web-kaigi.com/case/use/

最新記事を見る

関連記事を見る

top

キーワードから探す