Basic

2015.07.09

Web会議・無料トライアルを実際にやってみた

実際に無料でWeb会議を気軽に試すことができるトライアル。今回は実際に体験してみました。

今回無料トライアル体験者のプロフィール

・30代女性

・パソコンはWebサイト閲覧と業務でOffice系ソフトを使うのみ

・プライベートではパソコンよりもスマホやタブレットを使う頻度が高い

・パソコンやネットワーク関係にはかなり疎い

 

BWeb会議を始めよう!まずは音響機器をセットする

無料トライアルは、パソコンに音響機器をセットするところからスタートします。手持ちのスピーカマイクなどの音響機器も使えますが、レンタルも可能です。
レンタルの音響機器の取り付けは、とても簡単。USB端末になっているため、使用したいパソコンに差し込めば接続完了です。あとは自動でセッティングをしてくれるので、特別なソフトのダウンロードも不要というお手軽さ。これならばパソコン操作に疎くても、迷うこともなくすぐにセットできました。

無料でレンタルできる音響機器はエコーキャンセラー付きのもの。エコーを軽減し、クリアな音が聞こえてくるものを採用しているそうです。

 

 

BIDとPASSでサクッと簡単ログイン

無料トライアルに申し込みをすると、専用の「ID」と「PASS」が発行されます。そのままサイトにアクセスし、2つの情報を入力すれば即ログインが完了、この瞬間からWeb会議を利用することができます。ログイン方法は、タブレットやスマホでも同じだそうです。日常的にWeb検索やSNSを使っていて操作していれば、操作画面で戸惑うことは少ないのではないでしょうか。

ログインをすると、すぐに画面上には「Web会議室」と呼ばれる会議のための画面が現われます。トライアル時では、申し込みをしている会社名がついたWeb会議室が作成されています。ちなみに会議室の名前はいくつでも作成ができ、好きな名前をつけることができるので、わかりやすい名前をつけておけば、ログインしたあとに探す手間もありません。

 

 

B初体験!実際にWeb会議を始めてみた

先述したWeb会議室に入室すれば、つないだ拠点とすぐに会議をスタートさせることができます。Web会議参加者の映像を閲覧し、音声が聞こえるようになるまで所要時間は3分程度。画面には接続している参加者たちが表示されています。無料トライアルでは機材は1週間2拠点分の利用ですが、ライセンス数はいくつでも発行してくれるのだとか。

 

表示されている画像の大きさは、見やすいサイズに変更することもできます。いちばんアップにしたい社長やWeb会議の進行係をつとめる人物の映像をダブルクリックすれば拡大表示されます。しかも「特定の人物のみ」「Web会議全体」と好きに選んで録画できるので、都合があって会議に参加できない人へも記録を残しておいてあとで共有することができます。

そして気になる実際の品質ですが、音声はとてもクリアで動画も滑らか。途中で音が遮断されたり、映像が止まることがないのでまったくストレスを感じません。カメラ付近に資料を近づけてもらえば、文字もしっかり認識できました。

 

BWeb会議の便利機能を使ってみた

さらに、Web会議にはさまざまな便利機能がありました。「テキストボックス」はチャット機能のように文字を送ることができます。タイムスタンプで誰がいつ発言したのかも分かるので、共有メモ代わりとして使えそうです。さらには自動保存されているので、万が一回線が切れてしまっても安心。会議議事録として活用している企業も多いそうです。

 

ほかにもパソコン画面の一部を共有できる「マジックビュー」、マウスはもちろんペンタブでも使用できる「ホワイトボード」など、痒いところに手が届くツールが多数あります。

なかでも便利だと感じたのが「資料共有」ワンクリックするだけでPDF化され、Web会議に参加しているメンバーに資料を配布できます。さらには「描画」機能で資料に書き込みも可能。Web会議上で話し合い、変更された事項があれば資料に赤入れできます。

しかも追記された資料、そしてオリジナル資料の両方が保存またはダウンロードできるので出席者へ資料の再配布の必要がないのはうれしいですね。

このほかにもアンケート機能や通信ログ機能などツールは多岐にわたります。中には利用者からの声に応えて開発されたツールもあるそうですよ。

 

 

B迷ったときは即サポートに相談できるので安心

もし分からないことがあれば、サポートに相談できるのも安心です。「なぜかログインできない」「動画の読み込みスピードが遅い」「音声が反響して聞こえる」など、細かな疑問やトラブルにもしっかりサポートしてくれます。東京近郊はもちろん、地方、そして海外拠点でも担当者がしっかりレクチャーしてくれるのも、とても頼もしいですよね。

いくらWeb会議が便利だと言葉で伝えられても、実際に使ってみないと分らないことは多いもの。導入を検討しているのならば、まずは無料トライアルを申し込んでみることをおすすめします。

 

最新記事を見る

関連記事を見る

top

キーワードから探す