News

2015.07.31

録画した研修動画を有効活用する「MORAでじぽん」

録画した議事録などの動画を社内で共有したり、研修動画をオンデマンド配信、eラーニングなど、動画を容易に活用できる「MORAでじぽん」がスタートしました。

N動画を活用できないハードル

遠隔会議(Web会議、テレビ会議)を使用して行った、研修・セミナー、社長説示など録画した動画データはたくさんストックしていても、「録画した人しかそれを知らない」「共有サーバに大容量を使用して置いてあるだけ」といったことはありませんか?

また、自社で録画した動画を活用したくても、録画時間が長すぎたり、補足説明が必要でそのままでは公開できない、編集ソフトは何を使用すればよいか、限られた人や環境でしか扱えないなど、様々なハードルがあり、思ったように活用できてないケースが多く見受けられます。

動画は、画像やテキストと比較すると、大変多くの情報を伝えることができますので、できるだけ活用したいですね。

 

 

N遠隔研修・遠隔セミナー業務を軽減

遠隔会議(Web会議、テレビ会議)で、遠隔研修・遠隔セミナーなどを多拠点同時に行い、拠点間の情報共有や講師の移動コスト削減に成功している企業が増加していることは、知られていると思います。

遠隔研修中に録画した動画データをセキュアなクラウド上へ保存し、編集、オンデマンド配信、eラーニング、視聴状況、テスト結果を管理することができれば、遠隔研修に参加できなかった受講対象者向けに何度もセミナーを行うこともなくなり、そういった業務を軽減することができます。

また受講対象者も業務の合間や自宅から受講したり、繰り返し受講したりと、研修のための拘束時間を軽減できるようになります。

 

動画編集には編集ソフト、動画配信には配信サービスといったように、それぞれ別々に揃えなければならなかった機能が「MORAでじぽん」で完結できるようになります。

 

 

 

管理者ユーザーでログインすると、受講依頼したユーザーがどの程度視聴しているかなど確認することができます。また、受講期限が近くなると自動的に受講を促すメールを配信するよう設定できます。

 

 

 

 

 

Nリリース

テレコム事業を中心とする情報通信サービスのアイ・ティー・エックス株式会社(東京都港区、代表取締役社長:荻原 正也、以下「ITX」)は、録画した動画を社内で共有したり、研修、eラーニングなど、容易に活用できる「MORAでじぽん」を2014年11月より発売開始いたしました。

※「MORAでじぽん」はサービス終了いたしました。

 

 

「MORAでじぽん」には、収録機能も搭載されており、パソコンのUSBポートへ接続したWebカメラ(USBカメラ)を3台まで切り替えて録画することができます。同時にPDFの資料をページ送りすれば、動画、音声、資料を一括で収録することができます。

 

 

最新記事を見る

関連記事を見る

top

キーワードから探す