Basic

2015.09.29

想像Web会議~自宅が職場になる編★働き方改革~

Web会議、テレビ会議、電話会議、テレビ電話といった、遠隔地同士のコミュニケーションを円滑にするツールによって、「働き方が変わる」「夢のオフィス環境」「ビジネスが生まれる」というような、実現できそうなことから、想像の世界のことまで、いろいろ考えてみましょう。

BWeb会議によって在宅勤務を加速するかも

このままWeb会議が発展していくと、確実に在宅勤務は増えていくでしょう。
常時Web会議に接続をしておけば、通常のオフィスと変わらずに仕事を進めることができます。毎日顔を合わせているのと同じような親近感も湧き、遠隔地であってもチームワークが生まれそうです。
自宅だけでなく外出先や海外でも手軽に業務ができるようになるため、「通勤する」といった概念がなくなります。そうなれば毎日、満員電車に乗ることもなく運行遅延による出社の遅れもなくなりそうですね。今後ますますWeb会議の導入の輪が広がっていけば、働き方だけでなく通勤に費やしていた時間を余暇として、一日の過ごし方も大きく変わっていくかもしれません。

 

◆自宅や外出先からWeb会議でミーティングに参加。営業マンは夢の直行直帰ができるかもしれません。

 

 

 

Bプライベートも充実! 余暇の過ごし方にも変化が起こりそう

Web会議の導入の輪が広がっていけば、働き方だけでなく余暇の過ごし方も大きく変わっていくかもしれません。
例えば会議やミーティングに出席する機会が多く、思うように有給休暇が取得できない…といった経験がある人も多いのではないでしょうか。
Web会議はインターネット回線だけあれば手軽に参加できるため、必ずしもオフィスに足を運ぶ必要がなくなります。休暇中であっても指定の時間に接続すれば場所を問わず会議に参加が可能。旅行先であっても午前中だけは仕事、午後からはそのままオフを堪能といったスタイルも実現できるでしょう。
パソコンだけでなくスマートデバイスからも接続できるので、資料や商品見本など重い荷物を持ち運ぶ必要もありません。

 

 

最新記事を見る

関連記事を見る

top

キーワードから探す