いままで医療といえば患者さんが病院に出向き、診察室で医師の診察を受けるというのが当たり前の風景でした。もちろん今もその形態はほとんど変わっていないのですが、少しずつ道なき道を掻き分けるように、医療現場にも「遠隔」の波が押し寄せているようです。 パソコンやスマートフォンなどを活用して行う遠隔医療とは、いったいどのようなものなのでしょうか?